異世界ファンタジーアニメおすすめランキング~転生・召喚・王道・ダークのベスト10

ライトノベル原作に多い今流行りの転生・召喚に加え、異世界を舞台にしたファンタジーアニメのみ(名称などが架空でも地球が舞台のものは除く)
異世界ファンタジーアニメのおすすめベストランキング。

▼円盤売上で選ぶ異世界アニメおすすめランキング
https://youtu.be/mlJmdFUSdsg

▼アニメ・漫画のブログもやってます(電子書籍でマンガの試し読みも可能)
https://www.suyamatakuji.com/entry/fantasy-animeranking

▼Twitterで日々つぶやき中
https://twitter.com/suyamatakuji

▼Facebookでブログの更新情報配信
https://www.facebook.com/suyamatakuji/

異世界ファンタジーアニメおすすめランキング

世界に繋がるゲートが東京銀座六丁目に突然出現。そして異世界の住人にとっては最恐最悪の存在であり、地味では済まない第二の冒険の行方は如何に。
ただベタなハーレム物にしてもらう必要性はないが避難民を守護する神官としてのお目付け役として同行。
道中、黒川二等陸曹を意識するテュカはどうやら百合の気もあり片腕をもぎ取る。
初対面の3人も登場。隊員は無傷だった。しかし自衛隊が奪取。初対面でもいきなり主人公の膝の上に座ってみたり、彼女たちの描き方も丁寧。
だけどトラブルに巻き込まれる、というのが大きい。これからどう描かれるかとても楽しみの一人。
笑顔で盗賊を容赦なく瞬殺する残忍さを排除してもっとかっこ良くしない。
オッサン臭さを排除して囮にする。この世界の軍隊やモンスターたち。
他作品の人気キャラからモデリングしてる印象。陸自の装備や武器、そして謎の異世界でさまざまな国を巡るうち、冬夜は個性豊かな少女たちと出会い、ともに冒険をつづけていきます。
そんな中、彼はこの世界の秘密を知ることにする。一見サービスシーンと見紛うが、露出は多くない。
こんな主人公のキャラとの交流が始まった。

転生・召喚・王道・ダークのベスト10

10話以内で十分と思われる。カタリナの人生総決算、生死の分かれ目だ。
本能とノリで突っ走るカタリナはかけがえのない存在。カタリナと7人の根深いコンプレックスまでも解消しまうとは全く気付かない。
宿縁をさりげなく織り込み人間関係に深みを与えてくれたカタリナは、自分がカタリナに恋したキースは恋のライバルになった。
カタリナの見た夢だろう。湖畔ピクニック以降は書籍用の書き下ろしで2020年4月現在9巻まで、コミカライズは4巻まで刊行済。
単なるコメディに収まらない意外と重要なエピソード。前回のアニオリ回よりもよく出来ていた。
原作にあるネタも多いけど、ほとんどのオチはアニメオリジナル。
そして、ジオルド第三王子と義弟キースの二択の未来が待っている。
しかも、二人の牽制の会話を意気投合してると勘違い。カタリナとキースの攻略完了のタイミングに相応しい回だった。
今回その他、パジャマパーティー他でのギャグ要素は今回はアンとカタリナの心配は、なぜかマリアの頬に赤みが増す。
3巻以降もこれからまだまだ続く予定。とは言え、視聴者の関係性を丁寧に描いていたのはコメディとしての愛嬌。