ドラゴンクエスト ダイの大冒険  1話小さなヒーロー、ダイ Quest: Dai no Daibouken (2020) Episode 1 – DAI, THE TINY HERO

#ドラゴンクエスト ダイの大冒険
#Dragon_Quest
#ダイ
フルセットを表示するには、ライセンスを購入してください。海賊版映画の視聴を奨励しないでください
Please purchase a license to view the full set . Do not encourage watching pirated movies
(TOEI ANIMATION)
Copyright Info ©
✔ Be aware that all music and movies belong to the original companies
✔ I have no authority to give anyone permission to use this.
田浩司とライターだった三条陸が漫画担当に起用された。その際「ゲームと同じ内容ではつまらない」という監修・堀井の意見を受け、オリジナルの読み切り漫画『デルパ! イルイル!』が同誌に掲載される。この作品は低年齢層からの高い支持と、企画漫画では考えられないほどの高アンケート順位を獲得し、連載がすぐ決まった。読み切り2作目の『ダイ爆発!!!』は、連載を前提とした伏線を盛り込んで作られている[2]。

1989年から1996年までの間の7年間に渡り、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』として『週刊少年ジャンプ』にて連載された(読切や番外編を除いて全343話)。単行本は全37巻。2003年から2004年にかけて文庫化(全22巻)。2005年にドラゴンクエスト30周年記念として集英社ジャンプRemix(コンビニコミック)版が発売(全15巻)。また、作品解説書『JUMP COMICS PERFECT BOOK 1』も1995年に刊行。東映動画(現東映アニメーション)の制作でアニメ化(テレビシリーズ、および劇場版作品3本)もされた。コミックスの累計発行部数は4700万部[1]。

日本国外でもアニメが放送され、コミックスが発売されている。フランスやスペインなどでも放送・発売されているが、主人公ダイの名前が、単語のDie(=死)を連想させ縁起が悪いという理由から「Fly」に変更されている。雑誌に連載されたり、コミックスが発売されているのは、タイ・香港・台湾・韓国・マレーシア・スペインなど[3]。

『ドラゴンクエストシリーズ』のゲームで登場する呪文のほか、ゲームに登場しないオリジナルの技や呪文も登場し、その中には「メドローア」など後のゲーム作品で採用されたものも存在する(呪文・技の項を参照)。

2016年12月14日に『星のドラゴンクエスト』とのコラボ企画開催が決定し、連載終了から約20年を経て実施されている。2017年3月31日には『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』とコラボ。続いて4月5日に『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル』とコラボした。

2019年12月21日に開催された『ジャンプフェスタ2020』にて、東映アニメーションの制作で2020年秋に2度目のアニメ化を行うことが発表された。また同時進行で、スクウェア・エニックスの制作によるゲーム化プロジェクトも発表されている[4]。

2020年5月27日の「ドラクエの日」にて行われたYouTubeでの配信にて2020年10月よりテレビ東京系列でアニメの放送開始が告知され、メインキャストが発表された。同時にスマホアプリ、アーケード、家庭用の3つゲームのタイトルが発表され、原作コミックスの「新装彩録版」の刊行、1991年版のアニメBlu-ray BOXの発売、Vジャンプでのスピンオフコミックの連載、その他グッズなどが発表された。