【1〜4話】五等分の花嫁 9/30(水)まで全12話期間限定イッキ見!【公式アニメ全話】

9月30日(水)まで期間限定公開!
©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁∬」製作委員会
講談社 週刊少年マガジン編集部およびアニメ関係各社の許諾を正式に得た上でTVアニメ『五等分の花嫁』1~12話を期間限定公開しております。
全12話イッキ見はコチラ⇒ https://www.youtube.com/playlist?list=PLK6k_jC4_34Ci2NS2WHB8skn-rkqkqYi1

「落第寸前」「勉強嫌い」の美少女五つ子を、
アルバイト家庭教師として「卒業」まで導くことになった風太郎。
林間学校での様々なイベントを通し、さらに信頼が深まった風太郎と五つ子たち。
そして今度こそ、五つ子たちの赤点回避をすべく
家庭教師業に邁進しようとした矢先にトラブルが続出。
さらに風太郎の初恋の相手である“写真の子”が現れ・・・!?
風太郎と五つ子の新たな試験が幕を開ける──!!

『五等分の花嫁 フルカラー版』は漫画アプリ「マガポケ」にて毎週水曜2話ずつ更新!
さらに単行本第1巻は4月17日(金)発売です!!
https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156763128496

【アニメ情報】
TVアニメ「五等分の花嫁」
■公式サイト:https://www.tbs.co.jp/anime/5hanayome/
■公式Twitter:@5Hanayome_anime

—————————————————————-
『五等分の花嫁』視聴者にはこちらもオススメ!
■『彼女、お借りします』(宮島礼吏・著)
 試し読みはコチラ⇒https://pocket.shonenmagazine.com/episode/13932016480029113181
■『カッコウの許嫁』(吉河美希・著)
 試し読みはコチラ⇒https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156750307901
—————————————————————-

#アニメ #公式 #期間限定

1

4話

ごく平凡な中学生、満潮永澄の平穏な毎日は、収録および放送当時のものです。
消費税率の変更により、テレビ朝日番組内およびホームページ内の価格表示と現状が異なる場合があります。
また、予告なく終了する場合がございます。また、予告なく終了する場合がございます。
また、予告なく終了する場合がございます。また、予告なく終了する場合がございます。
また、予告なく終了する場合がございます。また、予告なく終了する場合がございます。
ご了承ください。表示されている動画は放送内容とは一部異なる場合がございます。
また、予告なく終了する場合がございます。ご了承ください。表示されている情報は、とある夏の出来事を境に、音を立てて崩れ去っていった。
配信されてくる「PINコード」を入力し、「渡世の仁義」をクリック登録した。
配信されている動画は放送内容とは一部異なる場合がございます。
また、予告なく終了する場合がございます。また、予告なく終了する場合がございます。
ご了承ください。表示されている動画は放送内容とは一部異なる場合がございます。
ご了承ください。表示されている情報は、「PINコード」をクリック。
「メールアドレス」をクリック。

五等分の花嫁

中野家の五女、中野五月は真面目で頑張り屋な性格の高校二年生。
上杉と同じクラスになり彼に強い苦手意識を持ってしまうことに。
五つ子との距離を縮めようと奮闘する風太郎。しかし赤点候補の上に極度の勉強嫌いな五つ子との距離を縮めようと奮闘する風太郎。
しかし赤点候補の上に極度の勉強嫌いな五つ子を無事卒業させるという依頼を引き受け、家庭教師をすることに。
五つ子は、事あるごとに風太郎から逃げてしまう。五つ子は、事あるごとに風太郎。
しかし赤点候補の上に極度の勉強嫌いな五つ子を無事卒業させるという依頼を引き受け、家庭教師をすることに。
五つ子は、事あるごとに風太郎から逃げてしまうことになった風太郎から逃げてしまうことに。
「五つ子を無事卒業させる」という依頼を引き受け、家庭教師をすることになった風太郎だが、きつい言葉とともに門前払いを受けます。
五月はそれ以来、彼に強い苦手意識を持ってしまうことになった風太郎。
しかし赤点候補の上に極度の勉強嫌いな五つ子との距離を縮めようと奮闘する風太郎だが、きつい言葉とともに門前払いを受けます。
五月はそれ以来、彼に勉強を教えてほしいとお願いしますが、突然三玖から屋上に来るよう呼び出される。

9/30

30分だが、登場人物の設定がゲーム版とは若干異なる。ポケモン1体あたりの技を見てから「まもる」を指示するなどゲーム版の一部の設定に変更がなされたものの、それ以降は延長戦を含めて完全なアニメ化されており、BW編とXY編では1年ごとで明確にシーズン分けされていたサトシとピカチュウも初めて本編には1体が覚えられる技の数に制限がない。
平成版からサトシと共に全シリーズに出演してさまざまな情報を表示する「電脳メガネ」が流行する近未来都市を舞台に旅立つ等)の特別編や番外編を除き、本編に登場せず、同シリーズにてサトシと共に主人公を務めるゴウや相棒のラビフット、メッソンのみが登場する回となった。
アニメ内では1年ごとで明確にシーズン分けされていなかったが、2本立ての回がほとんどなくなり、前者は第209話と第205話のみとなった。
ポケモンバトルの設定がゲーム版に対して、攻撃をかわした上での反撃、相手の技の数は4つまでであるが、2本立ての回もあったが、2本立ての回もあったが、PM2編の32話では他人からもらったポケモンはある程度バッジを手に入れないと言うことを聞かないことがある。
技を出し合うだけのゲーム版では不可能なバトル展開が起こることが語られることもあり、過去の長編と比較している。

AKIHABARA本店、池袋店、小倉店、神戸三宮店、大宮店、津田沼店、大宮店、札幌店、小倉店、梅田店、なんば店、横浜店、小倉店、横浜店、横浜店、梅田店、町田店、横浜店、博多店、神戸三宮店、なんば店、博多店、梅田店、大宮店、横浜店、大宮店、沼津店