「魔王城でおやすみ」 眠りのために手段は選ばないスヤリス姫 “睡眠ファンタジーコメディー”がアニメに

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の熊之股鍵次さんのマンガが原作のテレビアニメ「魔王城でおやすみ」が10月5日からテレビ東京ほかで順次、放送される。眠りのために手段は選ばないスヤリス姫が巻き起こす“睡眠ファンタジーコメディー”。

 かつて、人と魔が交わり、共に存在した時代。魔王タソガレは人間の姫をさらい、自らの城に幽閉した。しかし、捕らわれのスヤリス姫は寝る以外にすることがないため、牢(ろう)をこっそり抜け出して、魔王城を探索する。

 安らかな眠りと寝具のためには、スヤリス姫は手段を選ばない。魔物を狩ったり、宝物庫に忍び込んだり、自由気ままに魔王達を振り回す。

 「Re:ゼロから始める異世界生活」などの水瀬いのりさんがスヤリス姫、「ソードアート・オンライン」などの松岡禎丞さんが魔王タソガレをそれぞれ演じるほか、声優として石川界人さん、小林親弘さん、下野紘さん、小山力也さんらが出演する。「ゆるゆり」などの動画工房が制作する。